4つの動作モードからなる豊富な機能 テレフォニータブレットCyzoには、運用シーンに合わせた4つの動作モードがあり、お客様との電話応対や営業コールなどを、スムーズかつ効率的に行える機能が備わっています。
  • 受付業務や予約業務で使えるCRMモード
  • テレアポや集金・回収業務で使えるオートダイヤルモード
  • 営業コールやアンケートで使えるオートコールモード
  • お問い合わせ受付業務で使えるIVRモード

*1 CRM(Customer Relationship Management)とは、顧客関係管理のこと。

*2 IVR(Interactive Voice Response)とは、音声自動応答のこと。

CRMモード

一般的な電話と同じように、外線番号への発着信、通話を行えます。電話番号入力による発信はもちろんのこと、あらかじめiPadの連絡先(iPad標準アプリ)に登録されている電話番号をタップして発信することもできます。

同じ電話番号を共有している内線番号への発着信、通話が行えます。外線発着信・通話と同じように、電話番号入力とiPadの連絡先(iPad標準アプリ)からの呼出のいずれかで発信できます。

通話中の電話を保留して、他の内線番号や外線番号の相手を呼び出して、通話後に転送することができます。

※ライン・キーに対応していません。
※パーク保留は、Cyzoに接続するIP電話サービスが提供している場合に限り、ご利用いただけます。

Cyzoを利用して、電話を発信/着信/通話/切断したときに、それぞれに任意の画面を自動的にポップアップ表示することができます。


※iPadのWebブラウザSafari(iPad標準アプリ)を利用する機能です。事前に、httpで始まるURLアドレスを登録します。

Cyzoに着信した電話番号を利用して、CyzoCRMなどのクラウドサービス内を自動検索。該当するお客様情報を自動的にポップアップ表示することができます。
通話を始める前からお客様に関する詳しい情報を確認できますので、効率の良い親近感あふれる電話応対が行えます。また、通話しながらクラウドサービスを利用すること(予約変更などの操作)も可能です。

※電話番号による自動検索/表示が可能な外部インターフェースを持つクラウドサービスと連携します。ただし、他社のサービスの場合、その動作は保証できません。当社のCyzoCRMをご契約されることをお勧めします。
※別途、IP電話サービスにて、ナンバー・ディスプレイのご契約が必要です。

CRMモードで通話した会話内容を音声ファイルとして録音・保存できます。録音した音声ファイルは、iPad上で再生したり、iTunesやiCloudを通じて取り出すことができます。


※通話音声の録音ファイルは、caf形式です。

オートダイヤルモード

電話番号のリストを利用して、順次、自動発信することができます。また、電話が通じた際に話すべき台本(質問)とお客様の反応(回答)、その反応毎に次に話すべき台本を手順化できる「トーク・スクリプト」を連動させることも可能です。
トーク・スクリプトに沿って、通話時のやりとりをアンケート形式で入力することで、データ化することができます。


※電話番号のリストやトーク・スクリプトは、Cyzoアプリで作成します。もしくは、所定様式のCSV形式ファイルで作成し、iTunesまはたiCloudに保存します。オートダイヤルを実行する前に、目的のファイルをCyzoアプリへダウンロードしておく必要があります。

オートコールモード

あらかじめ用意しておいた発信者リストと音声ガイダンスのフローを読み込んで、発信者リストに沿って電話を自動発信することができます。
電話番号のリストを利用して、順次、自動発信すると共に、電話が通じた際には、自動音声によるアナウンスや質問が流れ、お客様の回答(ダイヤル番号入力)を自動収集します。

※電話番号のリストは所定様式のCSV形式ファイル、音声ガイダンスは所定様式のCSV形式ファイル及びWAV形式音声ファイルで作成し、iTunesまはたiCloudに保存します。オートコールを実行する前に、目的のファイルをCyzoアプリへダウンロードしておく必要があります。

IVRモード

電話待ち受け状態にて、お客様からの着信があった際、自動音声によるアナウンスや質問が流れ、お客様の回答(ダイヤル番号入力)に対応する外線転送などを自動実行します。なお、具体的な実行内容は、後述のIVRフロー編集で作成します。

IVRモードにて、お客様からの着信があった際、自動実行する処理の流れ、処理毎に自動再生する音声の選択、お客様の回答に対応する次のアクションの設定などを編集します。

IVRが実行された際の情報(処理毎の回答内容など)を、応対履歴として記録することができます。
情報は、1通話あたり1レコード(1行のデータ)からなるCSV形ファイルに自動記録され、iTunesやiCloudを通じて取り出すことも可能です。

※IVR(Interactive Voice Response)とは、音声による自動応答を行うシステムのこと。発信者のダイヤル操作に合わせて、あらかじめ録音済みの音声を自動的に再生する。

テレフォニータブレットCyzo気になる方は・・・

  • Cyzoを使ってみる!※ユーザ登録(無料)とCyzoアプリのダウンロードが必要です。
  • 「Cyzoについて、もっと知りたい」「Cyzoを導入できるか相談したい」という方は、気軽にお問い合わせください!03-5722-5766 応対時間:平日10:00~17:00 土日祝日を除く
  • フォームからお問い合わせする※お問い合わせ専用ページへ移動します。
  • facebookのicon